【Books】レイ・ブラッドベリ とうに夜半を過ぎて

緊急事態宣言ということで最近また読書してます。

 

 

 

 

【レイ・ブラッドベリ とうに夜半を過ぎて 】著名な作家であるブラッドベリの短編集。現実的なロケーションからとんちきなものまで22編の短編でアソートメントされてます。人間のもつ複雑な感情が、手の届くか届かないかくらいのところでうまく描かれています。何か思うことがあるときに読むと気が楽になる一冊。10年位前にブラッドベリの他の短編を読んだときはいまいちピンとこなかったんですが、この作品を読んでからその短編を再度購入。これも読書の醍醐味。機会があればぜひ。